その中に薬剤を入れたものを2日に1度

歯が汚くて困っている人がすがる思いで利用するのがホワイトニングです。

ホワイトニングは歯科に通って行うというのが基本と言えば基本ですが、自分1人でもできるホームホワイトニングという方法もあります。

ホームホワイトニングでは、患者専用のマウスピースをまず作り、その中に専用のホワイトニング薬を投入して2日に1度、90分くらい装着することで実行します。

ホワイトニングは、だいたい20日くらいで効果を実感することができるのが一般的なペースですが、真面目にマウスピースを使っていなかったり、面倒でさぼったりすれば、結果が出なくても誰も責められません。

ホワイトニングで実現できる白さの段階はおおむね10段階くらいありますが、明石家さんまみたいにありえないほどきれいになることは普通は無理なのです。

なお、ホワイトニングの薬は体に悪いものではありませんが、かぶれが生じた経験のあるような人の場合は心配なので、最初から歯科医師に伝えないといけません。

フッ素入りの歯磨き剤を息子に用いるのは危険ではないか、と気を揉む母親が多くいます。

理由ですが、フッ素を標準より多く摂取すると、斑状歯やフッ素中毒などの病状が出るかもしれないので、ということのようです。

フッ素は、一定の量を超える異常なフッ化物の含有量が認められる飲み物を飲んだら、身体に悪影響が出る可能性があるのは、歯科医の統一見解です。

つまり、別の言葉で言えば、歯磨き剤から取り入れる程度の量だとしたら、あんまり考えすぎる必要性はないというのが定説ですので心配しないでください。

むしろ、フッ素を使用しているのが理由で、つい油断してしまい、食事に甘美な食べ物をたっぷり与えてしまう方が危険です。

糖尿病と歯周病は一見すると何のつながりもありませんが、両者はとてもつながりが深いのです。
生酵素222

糖尿病に罹患すると体の抵抗力が落ちますので、歯周辺の組織が毛細血管を通じて細菌に感染しやすくなり、その過程で歯周病にもなりやすくなってしまうのです。

また、糖尿の人は唾液の分泌が不足するので、口腔内をアルカリ性に保ちにくいので、虫歯になりやすいというわけです。

糖尿病と診断されている歯周病患者を治療することで、血糖値が正常値に近づくことがあるので、これを根拠として歯周病が糖尿病を悪化させるのではないかと想像できます。

高血糖は自覚症状がありませんので、糖尿病にかかっているということに気付けない人がほとんどですが、歯の定期検診によって血糖値が異常であることに知ることができるのです。